女の人

肌を綺麗にキープする術|ニキビ洗顔で美肌を取り戻せ!

より効果的な使い方

ソープ

しっかりと泡立てること

洗顔石鹸を使って洗顔をする場合、大切なことは、とにかくしっかりと泡立てることです。泡状になった洗顔料は、お肌を泡のクッションでやさしく包み込み、まず洗顔時の摩擦や刺激からお肌を守ってくれます。化粧をしっかりと落とそう、毛穴汚れをキレイにしようと洗顔を頑張って行うと、必要以上に力が入っていて、負担をかけてしまうことがあるからです。洗顔は毎日のことなので、繰り返されるとシワやくすみ、たるみの原因を招いてしまいます。今は大変便利なネットやポンプなどの泡立てグッズが売られています。これらを上手に活用し、きめ細やかで弾力のある泡をしっかりと作り、洗顔石鹸の効果を十分に発揮できるように環境を整えてあげてみてください。

最初に皮膚に触れる泡とは

洗顔石鹸を泡立てて作った泡の洗浄力が、一番高いとされているのは、作りたてての時だとされています。皮膚に付いた瞬間から、その汚れの吸着が始まるのです。ですので、その高い洗浄力をもった状態で最初に洗いたいのは、1番汚れが気になるところ、皮脂が詰まりやすくザラつきやすい、顔の中心やアゴ、おでこなどに乗せてみましょう。顔の中心でも、鼻周りや眉間など、顔のパーツの中でも高さがある部分は、汗をかいて毛穴に皮脂汚れが溜まりやすく、思っている以上に汚れている場合があります。その部分を、作りたてのきめ細かな泡で洗い上げることで汚れをスッキリ取り除きます。逆に頬などの凹凸がなく広い場所は、洗顔石鹸であまりゴシゴシと念入りに洗わずに短時間ですますようにしましょう。洗いすぎによる油分の減少を抑えることができます。